メンズ

うつ病の種類と違い

カウンセリング

うつ病の種類とそれぞれの違いを知る

私たちは普段生活をしている中で、時には気分が沈んでしまうこともあるでしょう。しかし、楽しいことがあったり、少しすると気づけば良くなっていたりすることがほとんどです。そのため長期間、憂鬱な気分を引きずるということがないのですが中には何週間も何か月も憂鬱な気分から抜け出せないという人もいます。その場合、うつ病が疑われるでしょう。現代病とも言われるうつ病は様々な要因が合わさることによって発症する精神疾患であり、簡単には回復することができません。自身で回復することは極めて困難になってくるため、精神科や心療内科などを利用して治療をしていかなければならないと言えるでしょう。また、うつ病にも様々な種類が存在するので種類によって治療法が異なってきます。代表的なうつ病の場合は抗うつ剤を服用しつつ心理療法で治療を進めていきます。その他にもうつ病の種類の一つに双極性障害と呼ばれるものがあり、うつ病の症状にあわせて躁状態もあらわれるものです。躁状態は気分が落ち込んでいるのとは反対にテンションが高く、自分は何でもできると思い込んでしまう状態になります。軽度の場合は特に周囲に被害を及ぼすことはないのですが、重症化してしまうと周囲を巻き込んでしまうことがあります。例えば、躁状態の場合は気分が高揚しているため眠らなくても問題なく、夜中にも連れまわされたりすることもあるでしょう。その他にも、大金をギャンブルや他の物に使い込んでしまうこともあるので重症化する前に早めの治療が大切になります。双極性障害の場合は精神安定剤を服用しながら治療をしていきます。精神疾患のその他の種類には不安障害というものがあり、適応障害やパニック障害、強迫性障害などが挙げられます。適応障害の症状はほとんどうつ病の症状と似ているため間違われることもありますが、適応障害の原因はストレスだと言われています。そのため、仕事に対するストレスが強く発症したのであれば仕事から離れることによって改善していくことができるでしょう。強迫性障害の場合、色々なことに深く考えすぎてしまう傾向にあります。目に見えないけれど汚れていると思ってしまうと執拗に手を洗ってしまうという行動を起こします。また、出掛ける際などはガスの元栓を気にする人は多いのですが一度確認すればそれで済みますが、強迫性障害の場合は何度も確認しているけれど気になって仕方がなく、結果的に出かけることができないということもあるでしょう。このように精神疾患には様々な種類があり、また治療法も違ってくるので適切な判断をくだしてくれる精神科や心療内科に足を運んで治療をしていきましょう。精神科や心療内科では病気の種類に合わせて治療を行なっていくだけではなく、原因を突き止めてくれることもあります。原因を知ることができれば原因となるものを避け、再発を防ぐこともできるでしょう。うつ病などの精神疾患は早めに気づいて治療をすることで、少しでも早く改善していくことが可能です。そのため、少しでも疑わしいと感じた場合は精神科や心療内科で受診することが大切です。また、精神疾患を患っている人は自分で気づかないこともあるので周囲が気づいて治療を勧めるようにしましょう。その場合、無理に連れていくと逆効果になるため本人の意思を尊重して行動を起こすことが大切です。周囲にうつ病を患っている方がいてどう接して良いのかわからないといった場合も精神科や心療内科に足を運んで医師に相談することも可能です。