メンズ

最新の治療方法

ドクター

カウンセリングを受ける

人間関係などにストレスを感じて、うつ病を発症する人が少なくありません。うつ病の症状として挙げられるものは、気分の落ち込み、頭痛、不眠、過食や食欲減退などです。症状が悪化すると自殺願望を持ち始めることもあります。また、これら以外の種類の症状を感じることもあります。これらの症状が2週間以上継続するとうつ病の可能性が高いので早めに医療機関へ足を運びましょう。多くの医療機関では、医師の問診でうつ病の診断を行なっています。しかし、医療機関によっては光トポグラフィー検査を行なっています。これは、最新の検査方法で専門の器具を装着して血流の状態を計測するものです。この検査によって、どの種類のうつ病を発症しているのかということまで知ることが出来ます。血流をデータ化することで、患者自身もうつ病を発症していることをよく理解することが出来るでしょう。また、最新の医療技術は検査だけでなく、治療法に取り入れられています。うつ病の治療と言えば、薬物療法や精神療法が一般的でしたが、近年は、磁器による刺激治療も登場し、いくつかの種類の中から治療方法を選択することが出来ます。抗うつ剤や抗不安剤など多種類の薬の服用に抵抗を感じていたり、服薬治療で効果が感じられない場合に適している治療法です。週に3回から5回の通院が必要になる治療法なので、通院が億劫に感じる場合もあります。しかし、約2か月で治療が終了する上に、副作用をほとんど感じる事はありません。従来の治療法の場合、数年単位での治療が必要になる為、短期間でうつ病を治療したいという人には最適です。現在、光トポグラフィー検査や磁器による刺激治療を行なっている病院は数えられる程度しかありません。その為、通院の際には予約が必要になるケースがほとんどです。なので、もし、これらの検査や治療を検討している場合には、事前予約を行なうようにしましょう。ネット予約が可能な病院であれば、スムーズに予約をすることが出来るのでお勧めです。また、通院する病院を決める場合には、インターネット上で評価の高い病院を選択するようにしましょう。そのような病院であれば、治療実績も多く、優秀な医師が対応してくれるはずです。専門のポータルサイトをチェックすることですぐに把握することが出来ます。情報サイト上では、うつ病に関する基本的な知識から簡単な診断チェック、身近な人がうつ病になった時の対応方法などの情報を手に入れることが出来ます。うつ病治療の際に知っておきたい情報を知ることが出来るのでお勧めです。情報サイトによっては、専門のメールフォームから医師に相談することが出来るサイトもあります。ちょっと気になる質問を気軽にすることが出来るので、多くの人が利用しています。しかし、ネット上で全てが解決できるわけではないので、医療機関に受診して直接医師のカウンセリングを受けることをお勧めします。医師の多くは、丁寧に話を聞いてくれるので、安心して悩みを相談することが出来るでしょう。もし、カウンセリングで医師と相性が良くないと感じた場合には、別の医療機関でカウンセリングを受けてみることをお勧めします。カウンセリングを受けたからと言って、その医療機関で治療を進めなくてはいけないと言うわけではないので安心してください。